Revie MEDIA

不動産投資を始める前に!ゲームでシミュレーションしてみよう

楽しく学べるツールを活用したい

セミナーやスクールに通うことも大切ですが、ゲームで体験するのも1つの方法です。

 

幸いにも、不動産投資の分野ではシミュレーションを行える無料サービスが存在します。
不動産投資を始める前に、ぜひ基本を楽しみながら習得してみましょう。

 

しかし、不動産投資をゲームでどのように学べばよいのでしょうか?
今回は、スマートフォンでも体験できるゲームアプリを紹介いたします。
これから不動産投資を始める方は、ぜひ試してみてください。

不動産投資をゲームでシミュレーション

株式投資やFXであれば、証券会社が無料投資シュミレーションサイトを提供しており、初心者でも仮想の取引を行うことができます。

 

一方、不動産投資ではそういったサイトの数は少なく、今までは仮想トレーニングの場が限られていました。
書籍からの情報を、実際にボードゲームで体験して学ぶ方が多かったのではないでしょうか。

 

しかし最近では、スマートフォンのゲームアプリでも気軽に不動産投資をシミュレーションできます。
ユーザーから支持されているものも増えてきており、今後はますます、ゲームを通じて不動産投資のノウハウを身につける方が主流になってくるのかもしれません。

ゲームでもしっかり学べる

ここでは従来の、株式投資のノウハウが学べるボードゲームを2つご紹介します。
昔ながらのゲームからでも、基礎知識をしっかり学べます。

キャッシュフローゲーム

キャッシュフローゲームは、世界的なベストセラー『金持ち父さん 貧乏父さん』の著者であるロバート・キヨサキが、「お金持ちになるための教育や考え方をより多くの人に広めたい」という気持ちから考案されました。

 

世界初の「金融・財務・投資」を楽しく学べるファイナンシャル教育ボードゲームであり、人生ゲームのような形式で資産をつくり、不労所得だけで生活できればゲームクリアです。

 

キャッシュフローゲームを通じて、以下の4つの力を身につけられます。

 

・会計力
・投資力
・市場の理解力
・法律力

 

手持ちの資金でいかに最適な投資先を選べるか、どういったプランで長期的に利益を生み出すのか、といったことが問われるゲームです。
このゲームで成功するようになると、貸借対照表や損益計算書、キャッシュフロー計算書などの財務諸表を読む力が身につきます。

 

さらに、効果的な戦略を生み出すために、市場の理解力が必要です。
経済の流れが分かれば、資産形成も行いやすくなります。

 

ほかにも、節税対策や会社法も自然と学べるのが魅力です。
富裕層の経営者目線を存分に楽しんで、不動産投資に必要なスキルを身につけましょう。

インベスティング・フォー・リアル(Investing 4 Real)

不動産投資ボードゲーム「インベスティング・フォー・リアル」ならば、物件購入や不動産の売却をボードゲーム上で体験できます。
 
また、このゲームは運や知識を持ち合わせても、なかなか勝てないようにできています。不動作投資のコツとリスクを理解して、物件の見極めや売却の決断力などに長けてくると勝率が上がる仕組みです。

 

とはいえ、書籍で事前に勉強しておく必要はなく、物件購入から運用、売却までのすべてのプロセスをインベスティング・フォー・リアルで学ぶことができます。

 

ゲームの難易度は「職業選択ステージ」「学習成長ステージ」「投資家ステージ」「プロフェッショナルステージ」と分かれており、自分のレベルや目標に合わせて遊べるのも魅力です。

スマートフォンでもできる不動産投資ゲーム

ここからは近年、注目を集めているスマートフォンのゲームアプリを3つみていきましょう。
ボードゲームからでも不動産投資の基礎知識を身につけられますが、より取り組みやすく、長続きできそうな人気ゲームが揃っています。

不動産資本主義と億万長者マネーゲーム (Landlord)

Landloadは「家主」という意味であり、現実世界を舞台にしたモノポリーのような無料ゲームアプリです。

 

世界中の5千万もの中から土地を選定できるのが魅力であり、他のユーザーがあなたの土地を訪れるとリアルタイムで家賃収入を得ることができます。

 

また、友人同士との競争プレイだけではなく、世界中のプレイヤーと競い合えます。
土地の活用によりお金が生まれる疑似体験ができるため、初めて資産運用を行う方におすすめのゲームです。

不動産王

韓国で50万DLを記録したゲームアプリ「不動産王」。
不動産の売買のほかに、企業間のM&A、秘書との交流などを楽しめます。

 

日本のプレイヤーに向けたオリジナルのイベントやコンテンツも、続々追加される予定です。
「小さな建物からはじめて世界で一番高いビルの所有者になる」「全世界のグローバル企業の買収から国家の買収まで」といった斬新なストーリーが用意されています。

ニコニコまごころ不動産

ニコニコまごころ不動産は、10兆円という借金を抱えた状態で、不動産売買により一生懸命返済に取り組むゲームです。
こちらは不動産投資というより、不動産会社の立場を楽しめる要素が強いゲームになっています。

物件を求めて来店するお客さんに対して、物件をどれくらいの価格で売るのかが醍醐味です。
その場の判断力や交渉力が重要であり、テンポ良く契約を進められるのが面白いと評判です。

営業中のノルマもあり、どのような物件に需要があるのか、どうやったら売れるのかを体系的に理解できます。

ゲームで学べば、不動産投資を身近に感じられる

どのゲームが一番適しているのかは、一人ひとりの好みによって異なります。
ゲームを通じて不動産投資のノウハウを本格的に学びたい場合は、ボードゲームの方が良いでしょう。

 

物件の売買により収入を得られる喜びを知りたいのであれば、スマートフォンのゲームアプリがおすすめです。
不動産投資を小難しく考えずに、なじみのあるツールで楽しく学びましょう。

無料会員登録

新着記事

特集オリジナル

新規登録

既にアカウントをお持ちの方はログインへ

登録

もしくは

登録確認のメールが送信されます。

利用開始をもって 《利用規約》《個人情報保護方針》 に 同意したものとみなします。

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録へ

ログイン

もしくは

パスワードをお忘れの方はこちら