Revie MEDIA

【Aiの視座 第4回】AI時代に変化する恋愛と結婚の形

特集 Aiの視座 -これからの世界の見つめ方-

【Aiの視座 第1回】ブロックチェーンが個人の権限を拡張する

【Aiの視座 第2回】ブロックチェーンと脱・消費資本主義への道

【Aiの視座 第3回】ブロックチェーンと、これからの「信用」

【Aiの視座 第4回】AI時代に変化する恋愛と結婚の形

【Aiの視座 第5回】これからの「定義」の話

【Aiの視座 第6回】詭弁、トンデモ論とは「定義」で戦え

【Aiの視座 第7回】ヒューマニスティックAIの未来

【Aiの視座 第8回】AI時代の幸福と、テクノロジーの本分

アプリが「恋の終焉」を教えてくれる時代

ーー「AI+ブロックチェーン」が発達することで、私たちの生活が大きく変わるであろうことが、ここまでのお話でよく分かりました。

 

 価値観が、根本からひっくり返るのではないでしょうか。例えば、恋愛みたいな領域だって、大きく変わってくるはずですよ。恋愛アプリが「今の恋人とは、3ヶ月後に価値観の相違が生まれてきますよ」「3ヶ月後に別れます」みたいなことを事前に教えてくれるーーなんてことだってあるかもしれません。

 

 

ーーえ!? でも、AIにそんなことまで分かるものなのでしょうか。

 

 判断するのに必要なデータがたくさんあれば、いずれ可能になると思います。特に最近は時系列系の解析をするディープラーニングが進歩しています。データが多ければ多いほどAIは有利という話をしましたが、それができるくらいの量のデータが貯まっていったら、もう人間はそれを持て余してしまうでしょうね。かつての機械学習は、4、5次元程度の解析しかできていませんでしたが、今は200〜300次元まで簡単にできるようになってきています。そして、いずれは数十万次元くらいまでこなせるようになるはず。そこまでいったら、もはや人間には理解できない評価基準も生まれてくるでしょうね。

 

 

ーーそれって、例えばAIが「3ヶ月後に別れます」と判断したとして、その理由を人間相手に言語化して説明することもできないのではないですか?

 

 そうなんですよ。そもそも、現在におけるAI=ディープラーニングというのは、理由を説明することが苦手です。なぜなら、「意味」を理解しないので。つまり、中身は未だブラックボックスなんです。その点においても、AIはまだまだ進歩が必要です。人間が、これからもっと一生懸命頑張って研究しなければいけない領域ですね。

 

 

 ーー理由がある程度説明されなければ、人間だって「別れるよ」と言われても納得できないですものね。ディープラーニングの解析結果の中身を、一般の人でも分かるようになるのはいつ頃だと思いますか。

 

 あと10年、15年くらいはかかるのでは。

この記事は会員限定です。登録すると(無料)続きをお読みいただけます。

無料会員登録

新着記事

特集オリジナル

新規登録

既にアカウントをお持ちの方はログインへ

登録

もしくは

登録確認のメールが送信されます。

利用開始をもって 《利用規約》《個人情報保護方針》 に 同意したものとみなします。

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録へ

ログイン

もしくは

パスワードをお忘れの方はこちら