Revie MEDIA

仮想通貨取引の手数料はいくらかかる?取引所別の手数料を比較

 仮想通貨の取引をこれから始める初心者にとっては、通貨の価格が上昇するかどうかだけでなく、取引手数料も気になることの一つでしょう。一般的には、売買取引を行うと手数料がかかります。また、入金や出金の際にも手数料の負担が発生します。取引手数料を安く済ませることができれば、効率的に利益を増やすことが可能です。仮想通貨取引を始めるにあたっては、手数料についてしっかり理解しておくことが必要になります。そこで、手数料の種類や金額、取引所ごとの手数料に関する情報などについて解説します。

仮想通貨の取引をする際の手数料

 仮想通貨取引を始めるにあたっては、取引所に口座を開設することになります。また、口座開設をするだけでなく、投資用の資金を入金することも必要です。さらに、利益が出て資金が増えたら回収するために出金することもあります。売買取引や入金、出金を行うと手数料負担が生じます。手数料は取引において避けられないコストです。そこで、まず、口座開設や入出金などにかかるコストについてお伝えします。

アカウントを登録する際の手数料

 仮想通貨取引用の口座開設をするためには、アカウント作成のためのメールアドレス登録と本人情報の登録、本人確認書類の提出が必要です。この段階で手数料がかかるかどうかを心配している人もいるでしょう。しかし、心配する必要はありません。ほとんどの場合、日本国内の仮想通貨取引所や販売所を利用するための口座開設には手数料がかからないことになっており、無料での口座開設が可能です。

 仮想通貨取引所は、使い勝手や取り扱っている通貨、手数料などが異なります。そのため、複数の取引所の環境や取引条件を比較して、自分に合った取引所に口座開設をすることが必要です。一つの取引所だけで口座開設をすると、取引したい通貨を扱っていなかったり、一部の取引については手数料が高かったりすることもあります。口座開設手数料はほとんどの場合において無料ですので、取引を始めるにあたっては、複数の取引所に口座開設をし、それぞれの取引に有利な条件の取引所を利用することがポイントです。

仮想通貨を送金する際の手数料

 仮想通貨を手に入れたあとで別の取引所などに移したい場合は、仮想通貨の送金を行うことになります。送金する場合は、送金手数料がかかるのが一般的です。取引所ごとに送金手数料は異なりますので、手数料が安い取引所がどこかを知っておくことが大切になります。代表的な仮想通貨はビットコインです。そのため、どの取引所でもビットコインを取り扱っています。取引所ごとの手数料を比較する場合は、ビットコインの手数料を比較すると良いでしょう。

 主な取引所のビットコイン送金手数料は、ビットフライヤーが0.0004BTC(BTCはビットコインの単位)、Zaifが0.0001BTC以上、コインチェックは0.001BTC、GMOコインは無料となっています。Zaifが0.0001BTC以上となっているのは、0.0001BTC以上で自ら高い手数料を設定し、送金処理を早めることができるからで手数料が安いと送金処理に時間がかかる可能性があることも認識しておきましょう。

仮想通貨を入金する際の手数料

 仮想通貨を購入するためには、購入用の資金を開設した口座に入金する必要があります。入金を行う場合、取引所の手数料は無料である場合がほとんどです。しかし、金融機関などから入金処理を行う際には、利用する金融機関が定めている手数料の負担が発生します。この入金手数料はユーザーが負担する仕組みです。銀行振込手数料は、どの取引所を利用しても同額です。

 ビットフライヤーの入金については、クイック入金を利用すると1件あたり税込324円かかります。コインチェックの入金の場合は、コンビニ入金・クイック入金ともに、3万円未満の入金で税込756円、3万円以上50万円未満は税込1000円、50万円以上は「入金金額×0.108% + 税込486 円」です。Zaifの入金は、コンビニ入金・ペイジー入金ともに、3万円未満の入金で税込486円、3万円以上の入金は税込594円となっています。

手数料が安い取引所

 主な仮想通貨取引所の入出金手数料を見るだけでも、各取引所で条件が違うことがよくわかるでしょう。送金手数料に関しては、GMOコインは無料ですのでもっとも安いです。次いで、Zaif、ビットフライヤーが安いという状況になっています。また、入金に際して一般的な銀行振込を利用した場合は、どの取引所でも違いは生じません。銀行所定の手数料を負担することになります。ただし、コンビニ入金やクイック入金などを利用する場合は、取引所によって違いがありますので注意が必要です。コンビニ入金やクイック入金を利用して入金を行う場合、手数料がもっとも安くなるのはビットフライヤーです。続いて、Zaif、コインチェックという順番になります。入出金をある程度の頻度で行う予定がある場合は、入出金手数料の安さは重要な取引所選びのポイントになるでしょう。自分の入出金の頻度を想定したうえで、取引所選びを行うことが大切です。

レバレッジ取引をするうえでの手数料

 仮想通貨の売買は、現物取引だけでなくレバレッジ取引も可能です。現物取引で仮想通貨を購入した場合は、購入した通貨を決済手段として利用したり送金したりできます。一方、レバレッジ取引で取得した仮想通貨は、決済・送金はできません。レバレッジ取引とは、少額の投資資金で大きな金額の売買ができる取引手法です。ただし、売買は必ずセットで行うルールになっているため、購入しても必ず売却することになります。そのため、決済や送金に使えないのです。

 現物取引を行うと手数料がかかる場合がほとんどです。しかし、レバレッジ取引は手数料無料としている取引所がたくさんあります。売買差益を狙う場合は、手数料が無料の取引所でレバレッジ取引をすることも選択肢の一つです。レバレッジ取引手数料が無料の取引所としては、GMOコイン、ビットフライヤー、ビットポイント、DMMビットコイン、コインチェックがあげられます。ビットバンクトレードは0.01%、QUOINEXとみんなのビットコインは条件によって無料から0.25%、Zaifは0.7%となっています。

ウォレットを利用する際の手数料

 取引所で購入した仮想通貨は、そのまま取引所に置いておくことができます。しかし、ハッキングによって保有している通貨を盗まれてしまう可能性はゼロではありません。そのため、取引に使う予定がない通貨は、自分の手元に保有しておくことも必要です。仮想通貨を保管しておくツールをウォレットといいます。取引所に保管しておく通貨は、取引所が各ユーザー向けに用意したウォレットに保管されていることになります。

 自分のパソコンなどにウォレットのソフトをインストールすることで自分用のウォレットが手に入ります。このタイプのウォレットは無料で手に入れることも可能です。また、ハードウェアウォレットと呼ばれるUSBタイプのウォレットもあります。このタイプは、ネットに接続されていないためハッキングリスクを回避できます。ただし、ハードウェアウォレットを手に入れるにあたっては費用がかかることを知っておきましょう。

自分のスタイルに合わせた手数料の安い取引所を選ぼう!

 初心者が取引所を選ぶ際には、売買手数料や入出金手数料が安いかどうかをよく確認して選択することが大切です。手数料が安ければそれだけ利益を出しやすくなるからです。ただし、手数料だけで取引所を決めることはおすすめできません。どんな通貨を取り扱っているか、レバレッジ取引を行う予定があるかどうかなどさまざまな観点で比較をしたうえで取引所を選ぶことが重要です。自分の投資スタイルに合わせた取引所選びをして、仮想通貨取引を始めてみましょう。

無料会員登録

新着記事

特集オリジナル

新規登録

既にアカウントをお持ちの方はログインへ

登録

もしくは

登録確認のメールが送信されます。

利用開始をもって 《利用規約》《個人情報保護方針》 に 同意したものとみなします。

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録へ

ログイン

もしくは

パスワードをお忘れの方はこちら