Revie MEDIA

FinTechで資産運用!初心者におすすめの方法3選

 資産運用に興味がある人は、FinTechという言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。資産を効率的に増やしていくうえで、欠かせないキーワードとなるため資産を運用する前に正しく理解することが必要です。投資初心者のなかには、資産運用をして損失を出してしまうことを心配する人も多いでしょう。ここでは、資産運用の基本やメリット・リスク、初心者におすすめの資産運用方法などをわかりやすく解説します。

資産運用の基本

 まず、資産運用をするためには基本を理解する必要があります。持っている資産(現金・不動産・株・債券など)を適切に管理し、運用して資産を増やすことが資産運用といいます。この段落では、資産を管理する方法や運用する方法について紹介します。

資産を管理する

 資産管理とは現金や株などどのような資産があるのかを把握し、資産を誰がどのように使うのかを管理することです。資産を効率よく増やすために、資産を貯蓄するのか投資するのかを見極めることも管理をするうえで大切です。個人の投資家は、家計の状況を把握することも資産運用を始めるための第一歩といえるでしょう。余分な娯楽費がないかなどの見直しをすることで、投資資金にすることができます。

資産を運用する

 資産運用とは現金・不動産・株・債券などに効果的に投資をすることで、資産を増やすことを意味しています。資産運用は、2種類に分けられます。ローリスク・ローリターンの資産運用は、貯蓄型資産運用です。これは元本は保障されますが、リターンが少ないため得られる利益も少ないことが予想されるでしょう。ハイリスク・ハイリターンの資産運用は、投資型資産運用です。これは元本は保証されませんが、リターンが大きい投資を意味します。ハイリスクな投資であるため、投資初心者は十分な知識を得てから挑戦すると良いでしょう。

なぜ貯蓄ではなく資産運用を行うべきなのか?

 子育てをしている夫婦にとっては、貯蓄だけで十分な老後資金を捻出することが難しいというケースもあります。早期から効果的な資産運用をすることで、老後を安心して過ごすための資産を生み出すことができるでしょう。この段落では、資産運用をすることのメリットについて解説します。

資産運用のメリット

 資産運用をするメリットは、少ない労力でも資産を増やせるという点にあります。実際に働いている時間以外で、資産を動かすことができるということが投資の魅力だといえるでしょう。リスクヘッジをすることで、予想される自身の生涯年収を上回る金額の資産を手に入れられる可能性もあります。子育て中の人にとっては大学入学費用などの大きなライフイベントに備え、計画的に資産形成できるというメリットも挙げられます。また、効率的な資産運用によって資産を増やすことができれば、老後資金にもなります。

なぜ資産運用なのか

 貯蓄をしておけば、堅実にお金を貯めることができると考える人もいるでしょう。しかし、銀行にただ預けておくだけでは、お金はほぼ増えません。高齢化社会であるため、年金は年々減ることが予想されています。また、日本の経済が破綻した場合はお金が紙くずに変わる可能性もあるでしょう。貯蓄した資産だけでは、いざというときにお金が足りないという非常事態が起こるケースもあります。早期からさまざまな方向性で資産運用をすることで、いざというときの供えになります。そのため、持っている資産をさらに「増やす」ことができる資産運用がおすすめです。

資産運用のリスクと対処法

 投資初心者が資産運用をするうえで、リスクを理解しておくことは大切なことです。まず、資産運用をした際には元本割れの可能性があるということを覚えておきましょう。元本割れとは、投資した債券などの価格が投資金額を下回ってしまうことをいいます。このようなリスクを踏まえ、1カ所で資産運用をするのではなく分散投資をすることがおすすめです。また、資産運用をすると投資をした金融商品などの価格変動や金利変動のリスクが生じることもあります。一時的に価格が下がったとしても、焦って手放すのは投資初心者がやりがちな失敗例だといえるでしょう。資産運用で利益を生み出すためには今後の動向を見極め、長期的な資産運用を心がけることがポイントです。

初心者におすすめの資産運用方法1.投資信託

 初心者におすすめの資産運用として、投資信託があります。投資信託とは、ファンドマネージャーが投資家の代わりに、集めたお金をもとに投資をすることをいいます。そのファンドマネージャーが投資した運用成果が、投資家の投資額に応じて分配される金融商品だといえます。投資家自身に資産運用の知識が少ない場合でも始められるため、投資初心者にとって挑戦しやすい資産運用方法だといえるでしょう。しかし、投資信託は元本が保証されていないため、投資した額を下回って運用がうまくいかなかった場合は投資家がリスクを抱えることもあります。投資信託には、運用期間中に払い戻しに応じるオープンエンド型や運用中の払い戻しに応じないクローズエンド型などの種類があります。また、投資信託を購入する際には「購入時手数料」がかかり、運用期間中には「信託報酬」と呼ばれる手数料が発生します。投資信託をする前に、どのような手数料がいくらくらい発生するのかを理解しておくようにしましょう。

初心者におすすめの資産運用方法2.国債

 初心者におすすめの資産運用として、国債があります。国債とは国庫債券の略語であり、国が発行としている債券のことを意味しています。国債には現金だけではなく、不動産や有価証券などさまざまな財産も含めています。国債はいつでも購入可能なものではありません。募集期間は約20日間であるため、投資したい人は財務省のホームページなどをこまめにチェックすると良いでしょう。国債は国が投資家からお金を借りるときに発行する債券であり、債券期間に応じて投資家は利息を受けられます。国が破綻するリスクよりも、金利のほうが高いためローリスク・ローリターンの資産運用方法だといえます。国債は平成15年から完全にペーパーレス化され、電子化されました。電子化されたため、盗難や偽造などのリスクを心配する必要はありません。投資初心者で国債に投資したい場合は使用目的を明確にし、専門家に運用方法を相談することをおすすめします。

初心者におすすめの資産運用方法3.FinTechを使った資産運用

 初心者におすすめの資産運用として、FinTechがあります。投資初心者のなかには耳なじみがない言葉だと感じる人もいるでしょう。この段落では、FinTechを使った資産運用についてわかりやすく解説します。

FinTechとは

 FinTechとはITを利用した金融サービスのことであり、金融(Finance)と技術(Technology)を掛け合わせた造語です。既存の金融サービスではなく、新しいサービスや商品のことを指します。従来は大手ITベンダーが金融機関向けにサービスを提供するものでしたが、規模が小さなスタートアップ企業などもサービスを提供するようになり注目を集めました。FinTechは比較的若年層といえるデジタル世代をターゲットにしており、スマートフォンなどから気軽にアプリなどで利用できるサービスなどもあります。

FinTechを使った資産運用

 FinTechを使った資産運用には、FinTechを利用したソフトウェアで個人投資への助言を行うサービスがあります。具体的には、Web上で融資を実現するサービスやスマートフォンを利用してクレジットカード決済を行うサービスなどです。このサービスには、仮想通貨のBitcoinの技術を利用する企業もあります。個人資産管理も行えることが特徴であり、顧客の資産を分かりやすく管理するサービスなども利用できます。

資産運用するならローリスクで簡単な方法からはじめよう

 資産運用初心者が最初からハイリスク・ハイリターンを狙うと、全ての財産を失う恐れもあるということを忘れてはいけません。正しい資産運用の知識を得たうえで、少額から分散投資を始めてみるなどのリスクヘッジを行うことが大切です。資産運用に関するリスクや対処法について知識を得ることが、投資をするうえでの第一歩といえます。まずは、投資信託やFinTechなどの気軽にできる資産運用から始めてみましょう。

無料会員登録

新着記事

特集オリジナル

新規登録

既にアカウントをお持ちの方はログインへ

登録

もしくは

登録確認のメールが送信されます。

利用開始をもって 《利用規約》《個人情報保護方針》 に 同意したものとみなします。

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録へ

ログイン

もしくは

パスワードをお忘れの方はこちら