Revie MEDIA

個人の投資家でもできる?仮想通貨の採掘とは?

 仮想通貨に興味がある人のなかには、売買取引だけでなく仮想通貨の採掘も気になっているという人もいるでしょう。仮想通貨の採掘に関しては、大企業の参入などが話題になることがありますが、個人での採掘に参加することは可能です。通貨取引の履歴を検証することによって、報酬を得ることができる可能性があります。採掘による利益が得られれば、売買取引による利益と合わせて利益を得るチャンスが広がるでしょう。そこで、仮想通貨の基本事項をおさえたうえで、仮想通貨の採掘に関する仕組みや方法について解説します。

仮想通貨とは?

 仮想通貨とは、円やドルなどの法定通貨とは異なり、紙幣やコインの実物が存在しないネットワーク上でのみ流通するデジタル通貨です。全世界には1000~1500種類以上もの通貨が存在しており、新たに生まれる通貨が生まれる一方で流通しなくなる通貨もあります。物やサービスを購入する際に決済手段として利用できるほか、通貨の価格変動による売却益を得ることも可能です。また、国際送金も素早く低コストで行える魅力もあります。さらに、中央銀行などの管理主体がないことも特徴です。代表的な通貨はビットコインで、時価総額や取引量は世界一となっています。ビットコイン以外の仮想通貨の総称はアルトコインです。

仮想通貨の採掘とは?

 仮想通貨の採掘とは、通貨取引の検証を通じて新たな通貨を生み出す行為です。仮想通貨の多くは、採掘と呼ばれる行為に成功した人に対して報酬として通貨が支払われる仕組みです。仮想通貨の採掘は、金などの鉱物を掘り出す行為に似ているため鉱物採掘を表す言葉であるマイニングと呼ばれています。ビットコインをはじめ、多くの仮想通貨システムでは、ブロックチェーンという技術が使われています。仮想通貨の取引履歴を納める単位の名称はブロックです。このブロックは、通貨ネットワークに参加している人によって検証と承認が行われ、時系列に沿ってつながる仕組みになっています。ブロックがチェーン上につながって取引台帳が作られていくためブロックチェーンと呼ばれているのです。
ブロックに納められた取引履歴の検証をいち早く終え、ほかのネットワーク参加者が承認してブロックチェーンが延伸することによって、検証した人は仮想通貨を報酬として受け取ります。検証作業は誰でも参加できますが、膨大な計算を行ってパズルを解くイメージの作業になります。検証作業に参加した人全員が報酬をもらえるルールにはなっていません。最初に答えを得た人だけが報酬を受け取る仕組みです。そのため、マイニングに成功するためには、計算スピードが速い機材をそろえることが求められます。報酬の支払いは、プログラムによって自動的に行われる仕組みです。

個人でも仮想通貨の採掘は可能?

 マイニングは、個人でも参加できます。マイニングの報酬を得るためには、誰よりも早くブロックごとの計算パズルを解く必要があります。そのため、必ず報酬がもらえるというわけではありません。しかし、個人向けのマイニングソフトをダウンロードして使うことによって、マイニングに参加することは可能です。「MINER GATE」をはじめとするさまざまなマイニングソフトが出回っていますので、簡単に参加できます。ただし、マイニング向けに最適化されていないパソコンなどを使ってマイニングを行う場合は、得られる報酬はそれほど大きくならないのが一般的です。コストとして電気代がかかることも考慮しておきましょう。

採掘で報酬を得ることは可能かどうか

 個人として仮想通貨のマイニングに参加することはできても、思ったような報酬が得られず電気代ばかりかかってしまうことになるリスクもあります。そこで、マイニングで十分な報酬が得られるかどうかについて解説します。

採掘事業にて報酬を得ることは可能

 マイニングで報酬を得ることは可能です。しかし、マイニングは早い者勝ちで報酬の取り合いをする行為でもあります。そのため、計算速度の速いコンピュータを大量にそろえたほうが有利にマイニングを進められます。大企業もマイニング事業に参入していますが、資金力があり大規模な予算を割いて大量のコンピュータを設置してマイニングを行っている状況です。多くの機材が並ぶため採掘工場と呼ばれることもあります。
仮想通貨が誕生したばかりの時代には、個人が一般的なパソコンを使ってマイニングで報酬を得ることもできました。しかし、仮想通貨のマイニングがメジャーになったため、大規模採掘を行っている企業と競争せざるを得ない状況です。そのため、個人で十分な報酬を得ることは至難の業だといわれています。電気代を考慮すると赤字になってしまうことも珍しくありません。個人でも一定の報酬を得ようと考えている場合は、マイニングに適した機材を一定規模以上そろえることが条件になるでしょう。そうなると機材に投じたコストを回収する必要が生じます。個人がマイニングで利益を出すのは大変です。

採掘事業に参入している日本企業

 日本企業のなかにも、仮想通貨のマイニング事業に参入している企業があります。主な企業としては3つあげられます。1つ目は、動画配信サービスなどを行っているDMM.com株式会社です。2017年9月にマイニング事業への参入を表明しています。企業自らが採掘を行って報酬を獲得するだけでなく、個人でも参加できる「DMMクラウドマイニング」というサービスも展開する予定です。
2つ目は、インターネット関連大手のGMOインターネット株式会社です。2017年12月のマイニング事業参入を報道発表しました。電気代の安い北欧でマイニング事業を進めています。3つ目は、SBIホールディングス株式会社です。マイニング事業に特化したSBICryptoという子会社を設立してマイニング事業に参入しています。いずれの企業も、一定の資金を投じて大規模なマイニングを進めようとしていることが共通点です。

個人で儲けるなら仮想通貨取引がおすすめ

 個人がマイニングで十分な利益を得ることは難しいでしょう。そのため、仮想通貨で利益を得ようと考えている人は、仮想通貨を投資対象とする売買取引を行うことがおすすめです。仮想通貨は価格が変動します。安く買って高く売れば売却益(キャピタルゲイン)が得られます。株式や投資信託と比較すると、価格の変動幅は大きい傾向です。そのため、利益が得られるチャンスは多いといえます。ただし、大きなリターンが狙える分、多額の損失を被るリスクもあることは忘れないようにしましょう。最初は少額投資から始めて、慣れてきたら徐々に投資金額を大きくすることがポイントです。
仮想通貨の売買取引を行うためには、仮想通貨取引所に口座を開設する必要があります。取引所ごとに手数料や操作性などに違いがありますので、取引所選びが重要です。国内の大手取引所としては、bitFlyerやZaifが有名です。どちらも利用者が多く、投資家同士が売買を行う取引所や業者が提示した価格で売買を行う販売所の便利な使い方に関する情報が豊富というメリットがあります。サイトの視認性や操作性もよく、初心者におすすめの取引所です。ビットコインなど取引量が多い主要通貨を取り扱っていますので、初心者でも安心して売買取引ができます。初心者は、自分に合った取引所を選んで口座開設することから始めましょう。

個人での採掘は可能だが儲けるなら仮想通貨取引を

 仮想通貨で利益を得る主な方法としては、マイニングと投資があります。マイニングは、大規模に設備をそろえている企業との競争に勝つことが必要であるため、個人で十分な利益を得ることは難しい状況です。そのため、投資で利益を狙う方が現実的だといえるでしょう。仮想通貨初心者は、まず取引所を選んで口座開設し、少額で売買を行って売却益を狙うことから始めてみるとよいでしょう。

無料会員登録

新着記事

特集オリジナル

新規登録

既にアカウントをお持ちの方はログインへ

登録

もしくは

登録確認のメールが送信されます。

利用開始をもって 《利用規約》《個人情報保護方針》 に 同意したものとみなします。

ログイン

アカウントをお持ちでない方は新規登録へ

ログイン

もしくは

パスワードをお忘れの方はこちら